2014年04月30日

アヤメ

004アヤメ.bmp

アヤメ

 ピラカンサのそばにアヤメを植えています。春咲きから芽を吹き出し、ある程度伸びた頃、周りの雑草を取り除きアヤメの成長を見守ります。やがて青色の蕾がはち切れそうになり、ひと花開花したかと思えば数日後は待ちきれなく一斉に開花し始めました。
 隣には、ピンクのジャーマンアイリスも咲いて花壇を盛り上げています。アヤメ類はアヤメ類の総称として、厳密なアヤメ以外の種別にあたる、ハナショウブやカキツバタを、アヤメと呼称する習慣が一般的に広まっているようです。
 優劣をつけがたい例えとして「いずれアヤメかカキツバタ」と言われますが、カキツバタが水辺などの湿地に咲くのに対して、アヤメは乾燥地が生育に適しているようです。

001鳥居.bmp

002木造から石造へ.bmp

鳥 居

 三池地区公民館に、子どもの居場所の開催案内チラシを持って行き、何となく展示会場へ目をやると手作りの作品掲示をされている方がおられ、そばに近づくと、先輩の郷土史家でした。退職後は趣味の郷土史の研究に没頭され、様々な角度から郷土史を見直されている方です。
 今回は、神社の鳥居に注目され、近郊のいろいろな神社の鳥居についての歴史や成り立ちについての詳しいこだわりの研究成果の展示発表です。
 鳥居については、諸説・意味があるようですが、私は単純に神社の門だと とらえています。
 朱塗りの木製から、石造りまで様々あるので、いままで神社を訪れたとき、神殿ばかりに関心を寄せていましたが、今後は鳥居にも関心を寄せるのではないかと思い、御礼を述べて会場をあとにしました。展示の期間5月14日(水)までとなっています。
 三池地区公民館の展示場は無料で開放され、ガラスケースの中なので、管理も行き届いているので気軽に使用できます。




posted by ムッチー at 12:02| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

シャクヤク

008シャクヤク.bmp

シャクヤク、

 梅の木の根元に植えているシャクヤクが一斉に開き始めました。宿根ですので、年に1〜2回程度肥料として油粕をパラッと蒔く程度です。芽が出始めると草取りをし、特に土作りなど一切しないのですが良く咲いてくれます。シャクヤクも種類は多いのですが、我が家のは全て花弁が一重ばかりとなってしまいました。

002シュンギク2.bmp1003シュンギク.jpg

シュンギク

 野菜として植えていたシュンギクも温かくなるにつれて成長著しく大きいものは腰の高さくらいまで伸びて来ました。もちろん茎は堅く食用には不向きなので花を楽しむ事にしました。花の大きさは5〜7センチとやや小さいですが、鑑賞花として使えますので他の野菜に邪魔にならないところはそのままにしています。

posted by ムッチー at 17:25| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ヒメカンゾウ

ノカンゾウ.bmp
ヒメカンゾウ

 以前はヤブツバキのそばに生えていたのですが大溝工事のため、池の跡地に植え直したので、株が大きく広がりました。
 姫萱草(ヒメカンゾウ)はユリ科ワスレグサ属の多年草である。この花は一日でしぼみますが次々と咲くので長期間楽しむ事が出来ます。

009ふき.bmp


フキ

 大溝横の山手一面に広がっています。草刈り機で草を刈るときここの一体は残しているので毎年フキが広がっていきます。今年は第1回目のフキ狩りをしました。
 フキはあく抜きをするため塩をかけて板ずりをしてから茹でます。板ずりをすると色よく茹で上がります。


posted by ムッチー at 21:32| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

シラン

007シラン.bmp

シラン

 春は花が次々と咲き出します。ツリガネスイセンが終わりに近づいたと思っていたら、シラン(紫蘭)の蕾が咲き始めました。二カ所に植えていますが、土と日当たりの差で開花も少しずれがあるようです。シランも放っておくとどんどん増えてくるので、適当なところで根を掘って捨てていると捨てた場所で芽が出て花が咲きだすくらい繁殖力旺盛です。

015読み聞かせ.bmp


読み聞かせ

 アンデルセンがやってきたin宮部の森美術館は本日で9日目です。本日は、読書推進ネットワークの方々によるお話でした。
 ボーイスカウトの団長さんの久留島武彦と北原白秋、久留島武彦とボーイスカウトとの関係についてのお話のあと、読み聞かせグループの皆さんの出演でした。

詩の朗読  白秋の「この道」
お話    まめの上に寝たおひめさま
絵本読み聞かせ そらまめくんのベッド
紙芝居   はだかの王様

 終わりに、随筆家の方に本日の感想を述べてもらいました。



posted by ムッチー at 20:04| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

ジャーマンアイリス 第1号

001ジャーマンアイリス第1号.bmp

ジャーマンアイリス 第1号

 裏庭にジャーマンアイリスを植えています。植えている場所が良くなくあまり咲いてくれなかったので、草を刈り、耕して肥料を施したら蕾が膨らんできました。
 ご近所の方から、珍しいジャーマンアイリスがあるのでと5〜6本いただいていたので温室の横に植えていたところ、土地と合ったのかグングン成長し、蕾もたくさん付き、気が付くと直径15センチ位のアイリスが咲きました。花が次々と咲くようなので楽しみが増えました。


010ワイン.bmp

ワイン「日本のアンデルセン」久留島武彦

 「アンデルセンがやってきた」と題してパネル展を宮部の森美術館で4月19日から5月6日の18日間開催していますが、その間、土日祭日にはコンサートなど様々な催しを開催しています。

 26日は、フルート演奏(千と千尋の・・・、ロミオとジュリエット、花は咲く)と読み聞かせ(はだかの王様、おおきなおとしもの、うそつきのつき)でした。終わりには参加者の中からくじ引きで、毎回ワインを1本進呈しています。
 このワインは、大分県玖珠町出身の日本のアンデルセンといわれる久留島武彦を街おこしの一環として販売されています。
 ラベルには、次のように書いてありました。
ク土の偉人
日本のアンデルセン
久留島武彦(1874年〜1960年)
1924年デンマークにあるアンデルセンの生家を訪問し、記念館を建てるきっかけとなる。生涯を通じて、日本全国の子供たちに夢と希望を与える童話などの口演活動を行った。






posted by ムッチー at 17:27| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

チロリアンランプ

003チロリアンバーム.bmp

チロリアンランプ

 昨年、挿し木で増えると知り、プランターに20本ばかり挿し木をしていたところ、数本、芽を出していました。やっと、梅の木の根元と裏庭のアジサイの横に植えている木に赤い花が咲きはじめています。花は脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせます。そのため、通常チロリアンランプと読んでいます。花は黄色ですが、膨らんだ赤い5稜形の萼が目立つので赤いところが花弁だと思っていました。雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出しています。
 和名の由来は、花が空中に浮かんで吊り下がっていることから“浮釣木”と呼ばれています。

キンセンカ.bmp

キンセンカ

 毎年、キンセンカを植えて種を取っては翌年蒔いているので種がだんだん多くなっていました。今年は、適当に種を蒔いたところ、予想以上に芽が出て、苗が有り余るほどになっていました。苗を捨てるのももったいないので、空いているところに所かまわず植えていました。今年は、キンセンカの生育の気候に合ったのか、コンモリとキンセンカ畑のように繁ってきました。枯れ花を切っても切っても次から次へと咲き出します。





posted by ムッチー at 17:18| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

まち再生の術語集

002d術語.bmp

まち再生の術語集  著 延藤安弘 岩波新書

 読み聞かせをされている「子どもの居場所」のスタッフから読んでご覧なさいと差し出されたのがこの本です。著者は工学博士で、いろいろな大学で教鞭を執られ、現在NPO法人まちの縁側育み隊代表理事という肩書きです。いろいろな街おこしに携われ、豊富な経験から上からの目線でなく街おこしの魔術師みたいな人のようです。

 読んでいきながら次々と読んだ内容を忘れていきますので、自分の頭の整理として、44個の術語を記録したい。
 物語り、想像力、絵本、幻燈会、ポエム、楽しさ、笑い、祭り、耳を澄ます、私発協働、つぶやく、参加する、タンケン・ハッケン・ホットケン、まちの縁側、縁パワーメント、共感、リスペクト、生活知、実践知、理論武装、わくわく&リーズナブル、ワークショップ、ファシリテータ―、頭韻要約法、まち育て、プライド、ていねいに生きる、コーポラティブハウジング、ホッとプレイス、ファーマーズマーケット、世話役、生活の力、空間の力、時間の力、聴く耳を持つ、レフレクティブ、つつみこむ繋がり、助ける・助けられるのマッチング、しなやかに回復する、コミュニティービタミン、格闘、必死のパッチ




posted by ムッチー at 10:16| 福岡 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

コガネグルマ

005コガネグルマ.bmp

001コガネグルマ.bmp

コガネグルマ

 多年草なので長方形のプランターに植えっぱなしで花が終わると目立たないところに移動し、春になると庭の隅に置き、やがて蕾が出る頃は鉢物置き場で楽しんでいます。
 花の名前は直ぐ忘れてしまうので毎年ネットで検索しているのですが、一般的な野草でないと見えてなかなか探せませんでした。
 コガネグルマの花よく見ると、花の中にまた小さな花が円状に咲いているではありませんか!
毎年見ているようで、今頃気が付くなんて、折角美しく咲いてくれているので、見る方もきちんと見てあげないといけないなあと思ったところでした。


庭の手入れ

 天気がいいので、どこの家庭でも庭木や生け垣の手入れをされています。
 セールスの方が来られ、よく「庭の手入れが大変でしょう? あなた一人でされているのですか?」と言われながら庭を愛でてくれる時があります。
 高齢になると庭の手入れもだんだん手を抜くことが多くなってきます。空き家は尚更です。ご近所の空き家の持ち主は季節毎に庭木の手入れに来られていましたが、今年は専門業者が来られていました。
 娘の家に庭木用の高ハサミを持って行くと、生け垣の剪定中だったので手伝ってきましたが、「自分で出来なくなったら、業者に頼まねば・・・」と娘がつぶやいているのが耳にこびりつきました。
 庭園や花公園などを観光する場合がよくありますが、いつも、管理が行き届いているのには感心します。庭園を観光した翌日は庭の手入れをしている自分に気が付くことが多いのは、小まめに手入れをしないと美しさは保てないことが身にしみて分かっているからです。




posted by ムッチー at 14:46| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

スナックピース

007ピース.bmp

スナックピース

 今年は、春野菜が何時までも残っていたので、夏野菜を植えるのをうっかりして昨年とれたツタンカーメン王陵のエンドウを蒔くのをうっかりしていました。急いで蒔いたのですが、果たして芽が出るか気になります。
 遅ればせながら、スナップエンドウの苗が販売されていたので6本植えていたら一斉に花が咲き始めました。ツルは余り伸びなかったのですが、花をいっぱいつけたので実もいっぱいなるということなので楽しみです。


2円不足

 同期会の開催案内通知を3月に出していました。返信用ハガキを同封して締め切りを4月末としていたので締め切りまであと僅かとなり、案内の半数近くが返信してくれました。
 3月末までに投函してくれた人たちは、50円のハガキでよかったのですが、4月になって返信をしてくれた人は52円となっているので、2円不足となっています。郵便局の方で「2円不足」のスタンプは打ってあるものの、そのまま配達してくれています。丁寧に2円切手を貼って返信している人、うっかりそのまま返信している人、様々ですが、郵便局の方も2円不足の表示はしたもののそのまま配達をしてくれていて有難いことです。
posted by ムッチー at 14:31| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

ツリガネスイセン

002ツリガネスイセン.bmp
ツリガネスイセン

 スイセンと名前が付いているものはたくさんあります。通常はニホンスイセンから始まって、次々と種類の違うスイセンが咲きます。ラッパ水仙からスズランスイセンなど花の形状や葉っぱ、球根などから名前がつけられている場合が多いようです。ツリガネスイセンもその名の通りツリガネ状の花が次々と咲きそろっていきます。球根も年々ふえていきます。
 花の色は青、淡紅、淡紫、白色などあるようですが、我が家は淡紫色一色です。

001タケノコ.bmp

タケノコ掘り

 今年はタケノコ掘りを4回行いました。今日が最後の4回目です。3月26日の最初のタケノコ掘りはタケノコの先がほとんど見えず足でさわって触れる程度なので、見つけたときはタケノコの周りを深く掘っていました。タケノコを見つけるのは慣れた人でなければなかなか出来なく、掘る時間よりも探す時間がグーンと長く量も少なく貴重品のような扱いでした。2回目は先が地表に出ているので見つけるのは楽だったのですが、深く掘らねばならないので腰が痛いくらいでした。3回目・4回目は大きくなりすぎているタケノコは堅いので、適度の大きさのだけ掘りました。見つけるのも掘るのも簡単なので、掘る量が多くて、皮をむいて大きな鉄鍋で茹でるのが2回3回となり、茹で上がるのがお昼過ぎまでかかってしまいました。
posted by ムッチー at 18:36| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

西鉄沿線謎解き散歩

001西鉄沿線.bmp

西鉄沿線謎解き散歩
 吉田洋一、堂前亮平 編著 新人物文庫

 文庫本320ページの分厚い本をいただきました。
天神大牟田線(西鉄福岡〜大牟田)
太宰府線(二日市〜太宰府)
甘木線(甘木〜宮の陣)
貝塚線(貝塚〜新宮)
の沿線の郷土料理や、映画・小説の舞台となった地
沿線のまち歩きスポット
など、写真入りで説明がされています。

我が町大牟田では、鞍馬天狗のモデル中村天風、
大牟田初の五輪メダリストの誕生
進駐軍の感動した由利敬俘虜収容所所長の秘話
があげられていました。

 学生時代は大牟田から福岡まで毎日通学していたので、全ての駅名は覚えていたのですが最近はほとんど電車に乗らない私にとっては電車に机上で読む本としてではなく、“お茶を一服”と言うときに開いて読んでみたい本です。
posted by ムッチー at 10:10| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

アンデルセンがやってきた 初日

014よみきかせ.bmp005アンデルセン.bmp006アンデルセン.bmp012おやゆびひめ.bmp

アンデルセンがやってきた 初日

宮部の森美術館にてデンマークの代表的な童話作家アンデルセンの展示会の初日を迎えました。
 それぞれの支援者がたくさん来場していただき、朗読の会からの朗読には会場にぎっしりで優しさいっぱいの朗読に聞き惚れていました。アンデルセンのラベルを貼ってあるワインのくじ引きには40人近くの投票があり、抽選会で賑わいました。展示物には、日本のアンデルセンと言われる久留島武彦の経歴と写真もあり、アンデルセンをより深く理解するには、数回訪れる必要があるような気がしました。
 二階は押し花の作品の展示即売もありました。アンデルセンにちなんで人魚姫と親指姫の作品も展示され、早速購入希望者があらわれていました。
 二日目以降も楽しみです。
 
posted by ムッチー at 22:52| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラー

002カラー.bmp

カラー

 昔、練炭火鉢として使っていたものを現在は植木鉢として使い、カラーを植えていますが根が増えてぎっしりとほこりました。そこで小分けして庭の隅に植えていたところ、土に合ったのか成長著しく、色も青々として葉も大きくなり、早々と花が咲き始めました。
 カラーは形が珍しく、生け花用として重宝がられています。湿地を好むらしく水辺に生えているのを見たことがあります。調べて見ると湿地でよく育つ「湿地性」と、乾燥した土地を好む「畑地性」に2タイプに分けられ、地下茎が肥大して球根を作るようです。我が家のカラーは湿地性のようです。


パソコン印刷機

 パソコンを使っていると文書等を作成したらそれを紙に印刷しなければなりません。古い人間なのか、画面上で読むより、印刷して読む方が読みやすくチェックもしやすいように思い、最終チェックは印刷したものでないと安心しません。従って、用紙が思いの外たくさん使います。もったいないので、裏紙をなるべく使うように、ロス紙を入れる引き出しを設けている始末です。
 次ぎに印刷機も何回買い換えたか記憶にないほどで、パソコンの買い換えの3分の2回位ではないかと思います。A4版対応ならば安く売っていますが、A3版対応になるとグンと値が張ります。それでも型が古くなると安く手に入ります。一番高いのは印刷機に対応するインクです。写真印刷・カラー版ポスター印刷を何十枚も刷るとインクは湯水のごとく減っていきます。インクはなかなか安売りをしません。「メーカーは印刷機よりもインクで儲けてるようだ!?」とボヤいているところです。
 


posted by ムッチー at 08:42| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

アンデルセンが明日やってくる

004アンデルセン.bmp

004大牟田に.bmp

いよいよ明日、アンデルセンがやってく来る

 アンデルセン愛好会代表中川原廣吉さんの主催による「アンデルセンが大牟田にやってきたin宮部の森美術館」が開催されます。開催期間は4月19日から5月6日まで18日間のゴールデンウィークを利用しています。その間、朗読・読み聞かせ・コンサート・コーラスと盛りだくさんのイベントが7日間開催されます。
日ごとに抽選によりワイン等を進呈とありました。聞くところによると出演者は全てボランティアだとか。
 可能な限り、足を運んで盛り上げたいと思っています。
 街中にペタペタとポスターが貼ってあることもなく、新聞の折り込みもありませんが、地区公民館や学校、幼稚園、保育園などでポスターをご覧になった方など皆さんのくちコミが頼りです。
 まだ、宮部の森美術館に足を運んだことのない方々はぜひ足を運んでいただきたいものです。


posted by ムッチー at 10:56| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

絵本 うみべのいす

009うみべのいす.bmp

絵本 うみべのいす 

 内田麟太郎 さく  nakaban え

 海しか見えない浜辺にジッと立っているといつの間にか自分の世界に入ってしまっています。そこに海の方に向いた椅子があれば座りたくなってしまいます。
 絵を描いているnakabanさんははじめて見る絵です。点描なのでしょうか? 最初絵本を開いたときは、「しろい はまべに、いすが ひとつ」という文に浜を見ると白くないのです。文と絵が合っていないようなのですが、2回目に開くと不思議と絵と文がぴったりとなっています。
 海に向かって佇むと、海のかなたに想いを馳せるものです。絵本も海も、気持の変化でいろいろに見えてくる抒情あふれる絵本なので、しばらくはソファーテーブルに置きっぱなしして時々開いて自分も白い椅子に座った気持ちになってみたいと思います。005ポピー.bmp004ポピー.bmp

ポピー

 ポピーは、繁殖力旺盛と見えて至るところに芽が出ていました。最初は何の花か分かりませんでしたが、大きくなるにつれてポピーであることが分かり、草取りの時は邪魔にならなければそのままにしておきました。市内のポピー畑の種を貰って蒔いたのがきっかけでしたが、2年目からは色とりどりの花は咲かなくなり全て原種の花になってしまいました。




posted by ムッチー at 20:58| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

ルリカラクサ

カラクサルリ.bmp001ルリカラクサ.bmp


ルリカラクサ

 昨年草花を購入して鉢植えをしていたら、雑草らしきものが横から生え、やがて花が咲きました。種がこぼれていたようです。かわいい花なのでそのままにしていたことを思い出します。花が終わり、鉢から土を花壇などに撒いてしまうので種が花壇に落ちたらしく思わぬ所に花が咲き始めました。もちろん花の名前すら覚えていません。
 何となくゲンノショウコを大型にしたような花です。調べて見るとルリカラクサでした。


光ケーブル

 ネットの利用がしやすいように市内の各地区公民館にも光ケーブルを設置したと報じられていました。
 最近、通信会社からしょっちゅう電話が掛かってきます。我が街では、3業社が安売り合戦です。一本の電線でいろいろな会社が使用できる状況になり、底価格競争が激化してきました。ケイタイч社も同様に乗り換えで、私たちは宣伝費を相当支払っているのではないかと思います。
 
posted by ムッチー at 17:53| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

モミジの花

モミジ.bmp

004花.bmp

モミジの花

 モミジは、秋に紅葉するのが普通ですが、我が家の木は今が真っ赤です。樹木はツツジの花が咲いて、白っぽいツツジの手前に赤色のモミジがあるのでコントラストとしてはちょうどよく、父がそのように思って植えたとは思いませんが偶然の配置となっています。
 よく見ると、モミジの葉の下に小さな薄黄色の花が咲いていました。
竹とんぼのような形をした実(種)?が成っていることは知っていましたが、白い花に気づいたのは初めてです。日頃余り注意して見ていない証拠です。サツキ ピンク.bmp

010サツキ.bmp

ツツジ

 ツツジは庭木として4〜5本あるようですが、道路沿いの植木にも使用しているのでハッキリ数えたことはありません。サツキまで数えると2〜30本はあるのかも知れません。
 今年は例年になく昼の気温が暑く開花も早くなったようです。消毒をほとんどしないので花で葉が見えないようにぎっしり咲くとこまではいたりませんが、満足のいく咲き方です。

016苗.bmp

オクラ・ミニトマト・ゴーヤ、シシトウ

 夏野菜を植えなければと思ってはいるのですが、なかなか土作りまでは至りません。農協に土作りのための肥料を購入しに行ったところ、特売日だったと見えて、サービスにカレーライスも提供されていただいたついでに、夏野菜の苗も買ってしまいました。今日は買うつもりではありませんでしたがカレーライス作戦に乗ってしまったようです。キュウリやナスは、次ぎに買うことにしました。
 今日は土作りだけをして、日を置いて植えることにしました。







posted by ムッチー at 18:06| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

オドリコソウとヒメオドリコソウ

008オドリコソウ.bmp001ひめ.bmp

オドリコソウ、ヒメオドリコソウ

 昨日の雨とは打って変わって今朝から快晴です。雨上がりの草取りははかどります。夏野菜を植えるために塔が立った野菜を引き抜き草を取り石灰をまき、ゴーヤを植える準備をしました。駐車場の花壇も雑草に覆われ、それをかき分けるようにスイセンやチュウリップが咲いていました。それも終わり、草をむしると昨年植えていたリュウノヒゲが見えてきました。
 裏に植えているジャーマンアイリスの葉が勢いづき始め、間に生えている雑草を抜いているとピンクの花が見えてきました。オドリコソウとヒメオドリコソウです。数年前友人宅の竹藪のそばに群生しているものを数本もらっていました。シソ科なので容易に根付きました。

012おひざでだっこ.bmp

絵本「おひざでだっこ」

 内田麟太郎・ぶん   長谷川義史・え  童心社
 長谷川義史さんとの絵本は「かあちゃんかいじゅう」「ねえねえ」「ぶす」など数冊出版しています。
 「おひざ」といえば定番は「おかあさんのおひざ」です。今回はお父さんも登場です。おじいちゃん・おばあちゃんは登場しません。

 おひざの上で、ゆったりとふれあう動物の親子が次々に登場します。おひざにのったら、心もぽかぽか。あかちゃんも、おとうさん、おかあさんにもうれしい絵本です。

 この本を読んで思い出しました。県アンビシャス運動で「だっこでブック」という事業がありました。幼児への読み聞かせも盛んに行われています。




posted by ムッチー at 14:41| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

フリージア

001フリージア.bmp

フリージア

 温室横の細い花壇には球根や宿根類が生えており、四季折々の花を楽しむ事が出来ます。
球根や宿根は植える手間が省け、たまに雑草を取るだけなので便利です。ただ、ドクダミの根がはびこって困って根絶にはいたりません。仕方がないのでここ数年はある程度は引き抜いて花を楽しむ事にしています。
 今年は、フリージアが数本咲き始めました。球根があることも忘れていて咲いてはじめて分かるくらいです。


団地公民館総会

 年一回の定期総会が雨の中行われました。300戸近くの分譲団地で、空き家も20戸近くあり、独居高齢者も40名程度と報告がありました。親を看るため、帰ってこられた方や、新しく団地に来られた方々が団地の課題を新鮮な目で眺めてくれます。
 向こう三軒両隣の構築、空き家対策、災害対応支援隊の設置、避難訓練、ふれあいの場の設定、野良猫対策から、環境対策等数多くあります。
 議長をしていて、住みやすい地域作りの大変さを改めて感じました。
posted by ムッチー at 12:45| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

ヤマフジ

ヤマフジ.bmp002一房.bmp

ヤマフジ

 4月も半ばになると、植物は一斉に元気づいてきます。ダイコンやシュンギクはとうとう花を鑑賞するはめになってしまいました。庭の草刈りをしてしまうと畑や花壇の草が目立ちます。畑は夏野菜を植えるとき耕すことにして、花壇の開花は今が盛りなので、雑草が邪魔になります。朝食が終わると新聞を斜め読みするやいなや、庭に出て草取りをしました。草を取っていると植えた覚えのない草花が咲いているのに気づきます。恐らく種が飛んできたのだと思いますので草取りも小さい内に取らずにおくと気付かないきれいな花に出会うものだと、草取りサボりのいいわけをしていました。ツツジも八分くらい開花が進んできているなあと思っていると妻が「ヤマフジがさいているよ」というので頭を上げると、緑の葉っぱの間に紫色の花が見えてきました。下の方ばかり見ているので気づかなかったのです。高ハサミで一房だけ切ってみました。
 ヤマフジは、一般のフジのように房は長くはありません。
 フジの花は、玉名市の山田のフジ、柳川市の中山のフジ、八女市の黒木のフジが有名です。黒木や柳川は有名すぎて混雑しますので、穴場は山田のフジです。

posted by ムッチー at 16:49| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。